手に自信が無い!深刻な老け手の悩みはコレで解消!あさイチ

老け手に悩む女性は本当に多く、あさイチのアンケートでは80%以上の女性が自分の老け手に悩んでいるとの結果も出ているそう。ハリが失われ、シミやシワが目立ち、血管が浮き出た手の甲は、顔以上に老化がハッキリ!街の女性に「あなたの手を見せて下さい」と頼むと例外なく嫌がられることからも、殆どの女性が老け手にコンプレックスを抱いていることがわかります。あさイチでは老け手を予防し、解消するとっておきの方法を専門家に教えてもらいました。今からでも間に合う老け手対策は必見です!


■手の甲の血管が目立ち老けが加速する理由とは?■
若い女性の手の甲、血管は浮き出ませんが、中年女性は青い血管が浮き出てゴツく見えるのはなぜ?
手の静脈が目立つ理由は病気ではなく、血管の老化。
血管外科医に、20代〜70代女性の手の静脈を
・エコーで撮影
・10℃の冷水で手を3分冷してから
・もう一度エコーで撮影
してもらったところ
・20代女性は冷えた血管が30%収縮
・70代女性み冷えた血管が14%収縮
収縮率が低い=血管の弾力性が失われているということ。血管外科医によると、血管の老化を防ぐことはできないが遅らせたり、皮膚のお手入れで目立たなくさせることは可能とのこと。
血管年齢、ってよく耳にしますが、実は老け手にも関係してたなんてショックじゃありません?

■老け手になるその他の原因とは?■

CIMG5178.JPG
あさイチでもおなじみ、皮膚科医の吉木伸子ドクターによると、手が拭ける原因は
@紫外線と手の酷使
長年の紫外線の影響や家事・仕事での手の酷使によって皮膚の老化が進む。シミ、シワ等は利き手の方に多いそう。

A女性ホルモンの減少
更年期以降の女性ホルモン減少でコラーゲンも減少。皮膚は弾力を失い、薄くなって、老化していく。更に手は顔や体に比べて皮下脂肪が極端に薄い為、血管や骨、筋が浮き出て見えやすいという部分でもあります・・・

■これで万全!老け手予防に毎日のカンタンおすすめケア■

吉木伸子ドクターが毎日徹底して気をつけている、手を老化させない為のケアや予防対策が紹介されました。

@お皿洗いにゴム手袋
  当たり前ですが、洗剤を素手で触らないこと。手の保湿成分が  確実に奪われます。徹底しましょう。
A雑巾を使う時にもゴム手袋
  水分に触れていると手の潤いが奪われ続けます。徹底してください。
B野菜を洗う時だって、使い捨て手袋
 野菜のドロやアクも手あれの原因になります。必ず手袋をしましょう。使い捨てでもいいですよ
C手に水がついたらこまめにふき取る
 水が蒸発する時に手の潤いが奪われます。手はすぐにふきましょう。
Dハンドクリームをこまめにぬる
 キッチン、洗面所、寝室、バッグの中などに常備して
EUV手袋を活用 
 外出時はUV手袋がおすすめ。
 指先が出ているタイプでも大丈夫。指先はシミになりません。
 また長時間紫外線に当たる時(運転中など)は手袋を2重にすると カンペキです。

全て、やった方がいいって分かっていても、徹底してないことだと思いませんか?水分が蒸発する時に、手の保湿成分が一緒に奪われて乾燥、老化の原因になるってことですね。

■これってNG?間違いだらけのハンドケア■
自分なりに気をつけてるつもりでも、実は医者から見ると、それってNGなハンドケアを、吉木先生に教えていただきました。

×日焼け止めを塗る
 日焼け止めに含まれる紫外線散乱剤は肌を乾燥させる。
 また日焼け止めは手を洗えば落ちてしまうので小まめな
 塗りなおしが必要となる。やはりUV手袋が肌をいためず確実。

×除菌ソープで清潔をキープ
 除菌ソープは肌への刺激が強く強い乾燥を招く。
 手は水洗いでも十分に汚れが落ちる。石鹸を使うなら
 固形で、一日数回に限定するべき。
 
×温風乾燥
 外出先のトイレに設置されている温風乾燥機は、水分を蒸発
 させるときに肌の潤いを奪い乾燥させるので使用しない。
 ハンカチでふきましょう。

日焼け止めを塗るより、手袋の方がいいのか、それは気付きませんでした。確かに手を洗ったら落ちますもんね。

■カリスマパーツモデル 金子エミのハンドケア■

560909600ebd13c78e02bbb8a9bdb713_m.jpg
手や足のモデルとして有名な金子エミさんによるレクチャー。
金子エミさんのハンドケアは
@手の甲に化粧水をスプレーしてなじませる
Aハンドクリームをマッサージしながら丁寧に塗る
Bポリ袋に手を入れて手首部分を輪ゴム。42℃の蒸しタオルで 
 3分あたためる

お出かけ前の裏ワザ
ハンドクリームにリキッドファンデを混ぜて手の甲にぬり、シミや色素沈着はコンシーラーで隠す。

さてこの金子さんのケアについて、スタジオの吉木先生に意見を聞くと・・・

■実はやりすぎ?金子エミのハンドケア■
吉木先生も真っ向から否定はしませんでしたが、やんわりと「肌はふやかしすぎると逆に潤いが奪われる」との意見でしたね。
おそらく、化粧水を塗れば、蒸発する時に肌の水分が奪われるのでかえって乾燥が激しくなるって言いたいんだと思います。水で水分量を上げても、それは一時的で、すぐ奪われるのであまり意味が無いと・・・
まあ金子さんはハンドケアに週1以上のペースでサロンに通ってる人ですからね。それくらい時間とお金をかけられるなら別でしょうけれど。

■正しいハンドクリームの選び方■
寝る時に手袋をするのもNG。熱が放出されず安眠の妨げになるのでよくないそうですが、もし起きた時に手が乾燥してるならハンドクリームの選び方が間違ってるんだとか。

吉木先生いわく、ハンドクリームはある程度油分を含むものがいい。親指と人差し指ではさんで開いた時に、しっかりツノが立つくらいの硬さがあるものを。ジェルタイプは使い心地はいいが、水分が多いので更に乾燥をひどくすることもあるそう。若い人ならいざ知らず、既に乾燥を実感してる中高年には向いてない(と言いたかったんだろうな)そうです。
尚、尿素は角質柔軟作用があるのでガサついてる人にはおすすめですが、傷にしみるので気をつけてください。

check-c01.png楽天市場でハンドクリームのデイリーランキングを見てみる!

■まとめ■
・手の老化を防ぐには素手で洗剤に触らない
・手についた水分を放置しない
・ハンドクリームをこまめに塗る
・紫外線対策は常にUV手袋の活用を

これを徹底することが基本中の基本のようです。ちなみに、美容整形や皮膚科で手をふっくらさせ、血管をかなり目立たなくできる施術もあります。
興味のある方はコチラの記事もどうぞ!

【あわせて読みたい】
日焼け止めの正しい選び方&室内と戸外の完全紫外線対策!解決スイッチ
肌にやさしい日焼け止め!伊勢丹バイヤーが売れ筋商品紹介!PON!
ポリリンプラチナホワイトニングは痛くない3倍白い最先端!バイキング

posted by まきこ at 14:22 | アンチエイジング