タニタ社員にメタボがいない理由!モーニングバード羽鳥アナ突撃取材!

TANITAタニタのメタボ対策を聞きトリにモーニングバードの羽鳥慎一が直撃取材。社員食堂メニューとそのレシピが一躍有名になりレシピ本がバカ売れしたことも記憶に新しいタニタ。体重計や体組成計の会社のメタボ対策は?その信じられない徹底ぶりが明らかになります!いや、すごいです!



■タニタはやっぱり社員食堂がすごい!■
羽鳥アナがまず足を運んだがのが日本一有名な社員食堂です。管理栄養士さんが考える日替り定食は
1食500kcal 塩分3g
に制限されてます。ご飯は自分でよそうのですがその場で計測しカロリー表示もされるし、周囲の目もあるので丼によそうような真似はできそうにありません。
しかし男性社員はこれで足りるんでしょうかって思うほどのヘルシー定食です。そこは考えられていて、満腹感を得る為に、野菜をあえて大きく硬く調理してあるそう。咀嚼回数が自然に増えて満腹中枢を刺激、過食を予防してくれてるそうです。
CIMG5013.JPG

■社内のあちこちにメタボ予防対策発見!■
次に社内へ向かうと、普通の会社とはちょっと違ったユニークなタニタならではのオフィス環境を発見します。
@会議室のネーミングが健康用語(カロリー、マッスル等)
Aデスクチェアがバランスボールになっている!
Bパソコン作業が立ったままできるスタンディングデスクがある!
Cエレベーターはほぼ使用しない。階段はジムである

すごいですね。健康志向が全社員にゆきわたり、エレベーターに乗ろうものなら白い目で見られるみたい。老いも若きも階段です。

■活動量計と体組成計を社員全員に義務付■
タニタは自社製品の活動量計を社員全員に支給しており、帰宅後も装着しています。

歩数と消費カロリーが記録され2週間に1回は会社へ送信が義務。また休憩室にある体組成計での計測は1週間に1回が義務。
その結果、優秀な社員は名前が張り出され、さぼった社員も名前が張り出され、モチベーションアップにつながっています。学生時代の教室の後ろの壁を思わせる張り紙です。

ちなみに、こうやって毎日数字で歩数や体重、消費カロリーを目にしていると徐々に意識が高まるだけでなく、体重の増加にも自然に気をつけるようになる、いわゆるレコーディングダイエット的メリットがあるとのこと。毎日体重測るのってやっぱり効果があるんですね。

■毎日20000歩以上歩くスーパー社員の極意とは■
張り紙で発見!ダントツの月間歩数763618歩で1位を獲得している男性社員の長澤さんに、毎日20000歩以上歩く極意を教えてもらいました。
それは・・・
会社の最寄り駅より3駅手前で降りて毎日歩いて出社する・・・羽鳥アナが「それは無理です」と即答してましたが、長澤さんは実行してるんです!

その為には毎朝1時間も早く家を出て、出社前に1時間20分歩いています。おかげで7年間で14sの減量、体脂肪率は18%から脅威の6%にダウン(EXILEみたいです・・・)
コツは何でしょうか、という羽鳥アナの質問に「歯みがきと同じくらいの感覚で習慣化しましょう」とのこと。

さあ今日から真似しましょう!とはいかないにせよ、とにかく一日のうち、どこかのタイミングで毎日10分でも20分でもいいのでウォーキングするようにしてみようかな。
女性なら紫外線が気にならなくなる午後3時過ぎがオススメですよね。あとは毎日体重計にのること。あ、増えてきたかな、みたいな感覚ってすごい大事なんだと思いますよ。

以上、タニタの社員は健康オタク揃いに近い、すごい健康意識が高い社員の集まりでびっくりしたというモーニングバード 聞きトリでした!

【あわせて読みたい】
テニスボールでコロコロ筋膜リリースして10sラク痩せ!得する人損する人
20分は必要ない!正しいウォーキングなら10分で脂肪燃焼できる!
ドローインウォーキング】のやり方とすごい効果!

posted by まきこ at 19:32 | ダイエット(運動)