【女性の薄毛】今日から出来る!体の内側から薄毛改善解決スイッチ!

女性の薄毛という悩みを告白した女優の沢田亜矢子。女性の頭髪専門外来があるAACクリニック銀座の浜中聡子医師と共に今回は体の中から出来る薄毛予防方法を紹介します。自分でできる女性の薄毛予防方法はあるのでしょうか。

先週に引き続き薄毛に悩んでいるとして、女優の沢田亜矢子がAACクリニック銀座の浜中聡子医師と一緒に女性の薄毛の予防と改善法を紹介しました。素朴な疑問、ダイエットは薄毛の原因になるの?そして女性の薄毛って遺伝なの?にも浜中先生が答えてくれました。

■ダイエットは?遺伝は?女性の薄毛の素朴な疑問■
女性の薄毛にまつわる素朴な疑問に浜中ドクターに答えてもらいました。
CIMG5015.JPG
Q.無理なダイエットは薄毛の原因になるの?
A.YES.
なります。極端な食事制限は軽い栄養失調を招きます。体は命に関わる大事な臓器への栄養補給を優先するため、髪の毛や爪といった部分への栄養は犠牲になります。更に低栄養状態は薄毛の大きな原因でもある、ホルモンバランスの乱れを招きます。
(実は管理人の夫は10年程前でしょうか、野菜スープダイエット、とかいう野菜スープしか飲まない極端な食事制限ダイエットをした結果、頭髪がものすごく細く、薄くなっちゃって・・・取り返しがつかない感が今でもあります。栄養不足が髪の毛に影響を与えるのは本当だと思いますよ)

Q.女性の薄毛は遺伝なの?
A.NO
遺伝的要素が全くないわけではないが、少なくとも80%程度は後天的理由、つまり生活習慣や環境によるもの。男性の薄毛でさえ遺伝だけではなく生活習慣の影響は多大だと考えられる。


■かいりきだなあ、食材で薄毛予防■

食事による栄養吸収と薄毛予防には密接な関係があります。髪の毛に良いとされる食材や栄養を積極的に食べるようにと浜中医師。その食材栄養とは

 海草(亜鉛やミネラル類)
 いも類(食物繊維、ビタミン類)
 緑黄色野菜(食物繊維、ビタミン類)
 きのこ類
 大豆(イソフラボン、良質のたんぱく質)
 ナッツ
 青魚

と覚えるようにしましょう。これらの食材や栄養は頭皮環境や髪の毛にとって良い高たんぱく質・低カロリーなものばかり。
食卓を預かる女性であれば、こういった食材を使った料理が健康にいいことは言われなくても分かっていますよね。頭皮の血流やホルモンバランスも食べたものに大きく影響されている、というわけです。

■良質な睡眠も重要■
睡眠中に成長ホルモンがしっかり分泌されると髪の毛が太く丈夫に成長できる。成長ホルモンは寝ている間に70%が分泌されてしまう為、寝る時間帯が大切になってくるそう。
ベストな就寝時間は22時。寝付いてから1〜2時間で成長ホルモンが多く分泌されるので22時から2時の間に寝ていることが大事。現代人は多忙なので22時が無理ならせめて日付が変わる前には就寝しましょう。

こうしてまとめてみると、結局食事のバランスと規則正しい生活習慣が髪の毛を健康にする、ってこと。言われてみれば当たり前ですが、意外におろそかにしてることもあって、それが更年期の頃から加速度的に表面化してくるんでしょうね。実感があるだけに、今からでも出来る限り頑張ろうと思います・・・

■まとめ■
・女性の薄毛予防には過度なダイエットは禁物
・遺伝より生活習慣で薄毛は加速する
・日付が変わる前には就寝して成長ホルモン分泌
・かいりきだなあ、食材を毎日しっかり食べよう

【あわせて読みたい】
【女性の薄毛】AACクリニック銀座の料金や治療内容は?解決スイッチに登場!
【女性の薄毛】髪の毛は熱ではなく風で乾かす!大事なのはドライヤー選び
ポリリンプラチナホワイトニングは痛くない3倍白い最先端!バイキング
posted by まきこ at 13:29 | 女性の薄毛