薄毛予防の正しいシャンプーの仕方は?ソレ間違ってるかも?ノンストップ

薄毛に悩む女性にとってシャンプーは気を使う作業。とはいえ、本当に正しいシャンプーのやり方ってわかりますか?自分では正しいと思っているシャンプーの方法やタイミングが実は間違ってることもあるようです。女性の頭髪専門外来のある、AACクリニック銀座の浜中聡子院長に、多くの人が疑問に感じている正しいシャンプーのやり方と、それダメ!NGなことを、ノンストップで教えてもらいました。



<浜中聡子院長 プロフィール>
北里大学医学部卒 AACクリニック銀座院長
日本抗加齢医学会国際アンチエイジング医学会(WOSSAM)専門医
米国抗加齢医学会(A4M)専門医 
WS000002.JPG

朝と夜2回シャンプーしていい?→NGです

ベタつきが気になるので朝と夜の2回シャンプーするのは基本的にNGです。若い人は実際に皮脂の分泌量が多いので、一概に絶対NGとはいえないが、ある年齢になってくると皮脂の分泌が落ち着いてくるので、毎日シャンプーすればベタつく程ではありません。「ベタつく気がする」「臭う気がする」と過剰に神経質になり、朝晩2回シャンプーすることで、逆に乾燥することで皮脂の分泌が促進される、という悪循環に陥って頭皮を正常に保てない人がいます。よほど若い時期を過ぎれば一日1回シャンプーすれば十分です!

CIMG6284.JPG

夜は疲れてるから朝シャンでいい?→夜シャンの方がいいです

理想を言えば夜シャンプーをしてきちんと乾かして清潔にしてから寝るのがベスト。
とはいえ、朝シャンプーしてそのままスタイリングして出かけたい、というライフスタイルの人もいまるので、頭皮の状態を見て問題がなければ、朝シャン継続で様子を見ることもあります。本人の頭皮の状況によります。

お風呂から上がってすぐに頭皮マッサージをしている→NGです

濡れた髪の毛にマッサージするのは髪の毛がもっとも弱い状態の時に刺激を与える為、抜け毛や切れ毛の原因になります
もし、マッサージするなら、乾いた状態でやりましょう。
更に、強くやればよいというものではなく、かえってマイナス。心地よいという感覚をキープしながら、頭皮に負担をかけずにマッサージすることが大事です。

髪の毛が濡れたまま寝る→NGです

もっともNGなこと。シャンプーしたらきちんとすすいで乾かすことが重要。生乾きは頭皮の常在細菌がよけいに繁殖する原因となり、臭いやかゆみのもとになるので、絶対にやめましょう。薄毛促進の要因です。

シャンプーを直接髪の毛につける→NGです

めんどうでもシャンプーは泡立ててから髪につけるようにしましょう。そして指の腹を使って地肌をやさしくマッサージするようにシャンプーします。シャンプーをそのまま髪の毛や地肌につけると、刺激が強いだけでなく、頭皮と髪の毛を強くこすって泡立てる為、更に傷めつける原因に。泡立を乗せてやさしく洗いましょう。すすぎは丁寧に。

紫外線を浴びる→NGです

シャンプーとは関係ありませんが、紫外線は皮膚同様、頭皮にかなりのダメージを与えます。帽子や日傘で頭部を紫外線から守る習慣をつけましょう。

まとめ
makiko-hatena.gif
・シャンプーは1日1回で十分
・髪の毛は絶対に乾かしてから寝る
・濡れた髪の毛をマッサージしてはいけません。
・シャンプーは泡立ててから髪につける

出来てるようで意外にNGなことをやってるシャンプー。髪を大事にいたわるつもりが逆効果で薄毛を促進していたら目もあてられませんね。低刺激のシャンプーを洗顔ネットでたっぷり泡立ててから使おうと思います。

【あわせて読みたい】↓浜中先生出演テレビ番組のまとめ記事です!
【女性の薄毛】女性専門頭髪外来に沢田亜矢子来院!解決スイッチ3/31
ダイエットは薄毛の原因!女性脱毛の予防と治療方法は?ノンストップ
女性の最新薄毛治療!内服薬・外用薬・ホルモン補充療法で発毛できる!




posted by まきこ at 13:14 | 女性の薄毛