ふくらはぎマッサージのやり方と効果を槙孝子が教えますバイキング6/1

ふくらはぎマッサージがブームです。鍼灸師 槙孝子さんの著書「長生きしたけりゃ ふくらはぎをもみなさい」は100万部の大ベストセラー。第2の心臓と呼ばれるふくらはぎのポンプ機能を改善する、誰でも5分でできる簡単なふくらはぎマッサージの方法や効果について、6月1日のバイキング”ひるたつ”では槙孝子さんに直接指導してもらいました!




ふくらはぎのポンプ機能とは?

ふくらはぎは健康と密接な関係があります。人間の下半身には重力の為に血液の70%が集まるが、その血液を心臓に推し戻すポンプの役割を果たしているのがふくらはぎ。この為ふくらはぎは第2の心臓と呼ばれています。
ところが心臓は私達が何もしなくても自然に動いていますが、ふくらはぎはそうではありません。年齢と共にポンプ機能が衰え、血液がよどみ、血液中に老廃物が蓄積されていきます
ふくらはぎのポンプ機能を保つには、ポイントをおさえたマッサージが十要です。ふくらはぎのポンプ機能を改善することで、高血圧、糖尿病、ダイエット、冷え性、腰痛など多くの不調に改善効果が期待できるのです。

そこで「長生きしたけりゃ ふくらはぎをもみなさい」の著者で鍼灸師の槙孝子さんにスタジオでふくらはぎマッサージのやり方を教えてもらいました。


ふくらはぎマッサージのやり方

1日5分で体調が改善できるというふくらはぎマッサージは3種類
@ふくらはぎマッサージで血行改善
Aひざ裏マッサージでダイエット
Bアキレス腱マッサージで冷え性改善


※注意※
・マッサージをする前に、できれば水を飲んでおくとデトックス効果が期待できます
・笑顔でやりましょう。笑顔を作ると筋肉の緊張がゆるみ、押しやすくなります。本当です。

では準備が整ったところでやってみましょう。簡単です。

@ふくらはぎマッサージ 
もむ部分は3ヶ所。立って、ふくらはぎを背中側から見て、内側、中央、外側の縦ラインに沿ってもみます。
それぞれ2回ずつ、両足をもみます。

 <内側ラインのもみ方
  あぐらをかいて、内くるぶしからひざ下へ向かって、骨の際にそって両方の親指を重ね、3〜4p
間隔で押していきます。押す強さは「痛気持ちイイ程度」

 <中央ラインのもみ方
  アキレス腱からひざ下迄を、内側ライン同様の姿勢で同様にもんでいく

 <外側ラインのもみ方
  横座りの体勢で、外くるぶしからひざ下迄を骨の際に沿って内側ラインと同じ要領でもんでいく

Aひざ裏のマッサージでダイエット  
右ひざをたててヒザ裏のコリッとした部分を指の腹で、転がすようにソフトにマッサージします。
10回転程度でよい。
この少し硬い部分にはリンパ節があるのでリンパの流れを改善することで代謝がアップし、ダイエット 効果が期待できます。コツコツ続けましょう。

Bアキレス腱マッサージで冷え性改善 
足裏の血流が悪くなると足先が冷えてむくみやすくなります。冷えやむくみの改善のカギはアキレス腱 にあります。
右ひざを立てて、アキレス腱をつまんで手前に引くようにしながら、ふくらはぎを下から3分の1位の長さまで5回もんでいきます。


ふくらはぎマッサージをやる時間が無い忙しい人に

@〜Bを毎日やるのが理想ですが、そんな時間も無いという忙しい人には、ふくらはぎをなでてさするだけでもいいそうです。手のひらをふくらはぎにあてて下から上へさすります。(床にあぐらで座り、さする方ヒザを立てます)
たとえ1日5分でも継続してもむことでポンプ機能の改善につながるので、まずは気付いた時にやってみることが大切です。

リンクシェア母の日2012 006.jpg

まとめ
kanrinin-futsuu.gif
・ふくらはぎは第2の心臓、ポンプ機能改善で血行改善
・ふくらはぎマッサージは毎日5分でOK
・それも出来ないなら1分のなでさすりでもやってみよう
・槙孝子鍼灸師の著書は100万部超えのベストセラー

【あわせて読みたい】
テニスボールでコロコロ筋膜リリースして10sラク痩せ!得する人損する人
美姿勢で中村アンみたいなボディを目指すグッズとエクササイズ!ズムサタ
白米のカロリーは50%カットできる!冷やご飯ダイエットよりいい!林先生が驚く初耳学!5/10

 
posted by まきこ at 17:21 | アンチエイジング