閉経はいつ?どうなる?閉経の疑問をあさイチで徹底検証6/22

女性にとっていつかくると思っていても、いざなったらどうなるのか不安なのが閉経。実際あさイチの調査では399人の40代女性のうち75%が閉経を不安に感じています。いつから閉経?閉経したらどうなる?そんな知りたいけど誰に聞けばいいか分からない閉経の疑問をあさイチでスッキリ解消です!




答えてくれるのは吉野一枝医師と関口由紀医師
<吉野一枝医師プロフィール>
WS000023.JPG
1954年生まれ 帝京大学医学部卒 産婦人科医・臨床心理士
よしの女性診療所院長

<関口由紀医師プロフィール>
WS000024.JPG
1989年山形大学医学部卒、横浜市立大学医学部付属病院女性泌尿器科外来担当、
女性医療クリニック LUNA理事長

閉経のパターン

女性ホルモンは40代になると低下が始まり、増減を繰り返しながらどんどん低下していきます。女性ホルモンの乱れに伴い、生理周期が短くなったり、長くなったり、突然大出血したりといった生理不順も始まります。

閉経とは最終月経から1年以上生理が来ない状態になったこと。その最終月経で閉経したということになるので、いつ閉経したのかは、1年以上経過しないと分からないのです。
どのように閉経を迎えるかには個人差が大きく

CIMG6827.JPG

@ある日突然終わるタイプ
A徐々に間隔があいてくるタイプ
B周期が乱れながら終わるタイプ

の3つに大別されますが、一番多いのがB。1か月に2回生理があったり、2〜3か月無かったりといった不順状態を繰り返しながら閉経します。

閉経の時期

一般論ですが平均50歳〜52歳でこの年齢は昔からあまり変わらないそうです。更年期は閉経をはさんで前後5年ずつ、合計10年間の時期を指します。

ちなみに、初潮が早い人は閉経が早く、遅い人は閉経が遅いと思ってる人がいますが、それは間違い。初潮が早い人は卵巣機能が良く女性ホルモンの分泌が活発ということなので比較的閉経も遅くなりがち。初潮が遅い人は卵巣機能が弱いので閉経も早めの傾向があるそうです。生理の回数が決まっているわけではないんですね。

閉経を迎えると、これまで心配しなくてよかった体の不調に悩まされることが増えますが、正しい知識が無いと女性ホルモンとの関係に気付かず、悩みを深めてしまいがち。
よく聞くのぼせ、冷えだけでなく高血圧、肥満、尿漏れ、陰部臭等、様々な悩みが始まります。人に相談しづらい尿漏れとニオイについて、その対策を伝授してもらいました!
どうする閉経で尿もれ、あそこのニオイ!あさイチで対策徹底解説6/22

吉野医師の著書

関口医師の著書


【あわせて読まれてます】
女性の最新薄毛治療!内服薬・外用薬・ホルモン補充療法で発毛できる!

posted by まきこ at 15:05 | アンチエイジング