寝る時真っ暗にしないと約2倍太りやすい!林先生の初耳学!6/28





奈良県立医科大学 大林賢史助教授によると、僅かな明るさが食欲に影響するという事実が500人以上で実証済みとのこと。実はダイエットには睡眠も大きく影響するそうで、明るい部屋で眠ることで生体リズムが乱れ睡眠が浅くなり、その結果食欲を抑えるレプチンというホルモンが出にくくなると考えられます。

レプチンとは通称満腹ホルモン。食事の際脳に満腹感を知らせる働きがある。睡眠中の僅かな明るさにより満腹ホルモンの分泌量が減少し、食欲に影響を及ぼす恐れがあります。この状態で日中食事を採ると、満腹を感じにくく「つい食べ過ぎて」太るという結果に。

更に照明を点けっぱなし、テレビをつけたまま寝るのも同様にレプチン減少の原因になります。

528人に睡眠時の明るさを測定した論文では真っ暗な中で寝ている人に比べて豆電球程度の明るさで寝ている人では肥満症や脂質異常症の割合が1.9倍という結果が出されています。この結果を見ると、豆電球を毎日点けて寝るのは絶対やめた方がよさそうです。

ただし、睡眠は習慣。いきなり真っ暗にすると寝られないという人もいるでしょう。そんな人はアイマスクをつけて寝ると効果的だそうです。

楽天市場アイマスクランキング1位(めぐリズム除く)はコレ。ウエアも評判いいですね。


ダイエットを頑張る前に、まずは真っ暗にして寝ることから始めたいと思います。




【あわせて読まれています】
白米のカロリーは50%カットできる!冷やご飯ダイエットよりいい!林先生が驚く初耳学!5/10
【体験談】イサゴールで便秘解消した私の7日間詳細です!

posted by まきこ at 11:39 | ダイエット(運動)