キンタローのウエストが1回で2p減のくびれ体操。サタデープラス7/11

キンタロー。が1回で2cm、1週間で5.5pも細くなった、くびれ体操ってどんな体操でしょう。大人のラジオ体操でもおなじみ、中村格子ドクターが教える、ゆる〜いウエストくびれ体操です。


中村格子医師は48歳 Dr.KAKUKO スポーツクリニック院長 整形外科医。2012年に出版した大人のラジオ体操がベストセラーとなり、累計発行部数100万部以上でくびれのエキスパート。そんな中村ドクターにお腹ぽっこりのキンタロー。が食事制限なしでウエストをくびれさせる体操を教わりました。

ちなみに、中村格子ドクター指導の安田圭のO脚改善と美脚エクササイズの記事はコチラになります!
中村格子の美脚体操で保田圭のO脚が真っ直ぐに!細く!サタデープラス8/8

くびれに大事なのは肋骨と骨盤の間をのばすこと

ポッコリお腹の原因は姿勢の悪さや筋肉の衰えによって、肋骨と骨盤の距離が短くなったこと。胃腸が前に出てるともいえる。肋骨と骨盤の距離を元に戻し、肉を引っ張ることでウエストを細くする、くびれを取り戻すということなんですね。

キンタロー。は
身長152.1p
体重54.8s
体脂肪率28.2%
ウエスト71.5p 

メタボ体型で特にウエストがひどい・・・そこで肋骨と骨盤の距離を伸ばすために運動嫌いの女子でも毎日続けられるエクササイズを4種類教えてもらいました。キンタロー。が挑戦です。

くびれ体操のやり方

CIMG6962.JPG

@胸郭呼吸
両手を肋骨にあて、息を鼻から吸って口から吐く。肋骨をふくらませながら&引きあがったウエストをイメージしながらやること。
この呼吸が出来るようになると、腹横筋腹斜筋などの抗重力筋を鍛えることができるようになります。
抗重力筋を鍛えることで肋骨と骨盤の間が広場リくびれを作ることができるようになります。

A背伸び揺らし
両腕を頭上にまっすぐ伸ばし手の平を会わせ、かかととかかとくっつけたまま背伸びをし、つま先立ちします。その体勢のまま左右に。左へ倒し戻して右へ、と繰り返します。

Bわき腹ひねり
腕を胸の前で胸から話して組、脚をクロスして立ちます(どちらかの脚を前にクロスさせて出し、つま先は外へ向けて)出した方の足の方向に(右足なら右へ)上半身をひねります。足を取り替えて反対側も。左右5回ずつが目安

Cわき腹さすり
あばら骨の下あがりから脚の付け根までをさすります。マッサージではなく、筋膜リリース。固まった筋膜をほぐすと筋肉の動きが良くなり、基礎代謝が上がります。

このカンタンな4種類の動作を朝晩2回やるだけで食事制限無し、というゆる〜い運動を1週間継続したところ、キンタロー。の体型はウエスト71.5p→66pと5.5pも細くなりました。しかも体重と体脂肪率は変わっていません。

中村格子ドクターによると、抗重力筋を鍛えた影響で内蔵があるべき位置に収納された結果だそう。いかにダイエットは体重を落とすことにだけ夢中になってもキレイにはなれないか、わかりますよね。
この調子で続けていけば更にサイズダウンも。正しい食事制限も一緒にすればダイエットになる可能性大です。

ちなみに、筋膜リリースは、本当に痩せるということを、以前テニスボールで実証した主婦のダイエットが得する人損する人で放映されて話題となりました。
その時の記事がコチラ
テニスボールでコロコロ筋膜リリースして10sラク痩せ!得する人損する人

筋膜リリースをやるなら、この本のやり方が評判いいですね。


【あわせて読まれています】
キンタロー。のウエストの次は保田圭のO脚改善&美脚指導!
→→中村格子の美脚体操で保田圭のO脚が真っ直ぐに!細く!サタデープラス8/8
TKO木本のライザップ挑戦!肉体改造結果は?サタデープラス7/11

posted by まきこ at 15:23 | ダイエット(運動)