菌活はきのこと菌の組合せで決まる!菌活大特集!ノンストップ7月15日

菌活が注目されています。菌活ブームは腸内フローラとも関係があり、美容と健康維持の為には毎日菌活が欠かせないとも。家庭でできる発酵食品は?便利グッズやひと工夫について、ノンストップで菌活大特集です。


菌活を始めて15年の管理栄養士 浅野まみこさんが解説してくれました。そもそも菌活とは体にいい菌を積極的に取り入れて腸内環境、腸内フローラを整えることです。菌といってもいろいろな種類があり、約6種類に分類して説明しました。

WS000000.JPG
出典:浅野まみこの「管理栄養士de女社長の日々!」

菌活の菌は6種類

@乳酸菌 ヨーグルト、チーズ等(便秘予防効果)
A麹 菌 味噌、本みりん、醤油麹、塩麹(消化吸収、食欲増進、旨み成分生成効果)
B酢酸菌 酢(疲労回復、メタボ予防、血圧血糖値抑制効果)
C納豆菌 納豆(血栓融解作用、高血圧予防、美肌効果)
D酵母菌 日本酒、ビール、パン等(活性酸素抑制効果)
Eきのこ きのこ(便秘予防、美肌効果)

これら6種類の菌を含む食品の目安量は
 ヨーグルト(乳酸菌)約100g
 みそ汁(麹菌) 1杯程度
 酢(酢酸菌)大さじ1杯程度
 納豆(納豆菌) 1パック程度 
 食パン(酵母菌)1/2〜1枚程度
 きのこ 片手にのる程度
どれか1種類ばかりを食べるのではなく、偏らずに様々な菌を採ることが重要。菌と菌とを組合わせることで相乗効果が高まります。最近、注目されているのが「きのこと菌の組合わせ効果」です。

きのことその他の菌で効果アップ

乳酸菌、麹菌、酢酸菌、納豆菌、酵母菌をきのこと組合わせて食べるととても効率のよい菌活になります。宮城大学食産業学部 金内誠准教授によればきのこは乳酸菌、麹菌などの菌のエサになる食物繊維やオリゴ糖が豊富。きのこと他の菌を同時に食べることで菌が増えてそれぞれに期待される効果が更にアップするとのこと。

つまり、きのこは色々な善玉菌と相性がよい、ということですね。

菌美女会とは

菌美女会とは2010年に8人で発足した、菌活の会。現在の会員数は200人を突破しており、毎月1回メンバー各自が料理を作って試食会を開いています



スタジオで紹介されたのは、納豆ときのこのパスタ、きのことヨーグルトの味噌マリネ。美味しくて菌ときのこを同時に採れる菌活メニューです。

菌は手作り

菌美女会所属の菊池さんは、自宅で発酵食品を10種類も手作りしているそう。実は菌は日にちが経過すれば経過する程生きている菌は減少し、効果も小さくなってしまう。そこで手作り発酵食品を早く食べる方が、より生きた菌を多く摂取できるのでオススメの菌活。

菊池さんんが教えてくれた、初心者でもカンタンな手作り菌2種。

CIMG7004.JPG

@みりんレーズン 
レーズンをみりんに漬けるだけ。
A醤油麹 
市販の米麹と醤油を1:1の割合で保存ビンに入れてかき混ぜて1週間程度常温で置けば出来上り。

ただし、生菌は乳幼児や高齢者に食べさせる際には刺激が強いので注意が必要です。また、食べてみて、体調が良くなれば自分に合っている菌、変化が無ければそうでもない菌。どの菌が自分に合っているのか食べて見極めつつ、複数の菌を同時に取り入れることも菌活のポイントです。

手作りキット

自分で手作り菌活したい人の為に、手軽に手作りできる発酵食品手作りキットが市販されています。最初から手作りできて、経過観察ができて、出来上がればら食べられるので夏休みの自由研究にもぴったりかも。

@手作り醤油キット

Aみそ手作りキット

Bぬか床キット

C手作り納豆キット

Dヨーグルトメーカー

Dは1リットルの牛乳と市販ヨーグルトだけで作る、オリジナルヨーグルト。超簡単&衛生的で使い勝手がよさそうです。夏休みの自由研究も今から準備すれば間に合いそう。食べ物と菌と人間の健康の関係、面白いかもしれませんね。

【あわせて読まれています】
【体験談】イサゴールで私は便秘解消効果を実感!数年ぶりの感動体験!
NHKまちかど情報室、菌活とミドリムシって何?7/14
ホットヨーグルトの正しい作り方
posted by まきこ at 20:46 | 便秘解消(食べ物)