炭水化物を食べてダイエット!痩せたければ炭水化物を!世界一受けたい授業7/25

炭水化物を抜くダイエットではなく、食べるダイエット。糖質オフ、炭水化物オフダイエットは流行していますが、食べてダイエットできるなんて本当でしょうか?炭水化物を我慢することなくダイエットになるという夢のような話を世界一受けたい授業7月25日、京都大学の森谷敏夫教授がわかりやすく解説してくれます。





森谷敏夫教授は京都大学の一番人気。肥満研究の権威であり、65歳にして体脂肪率は脅威の9.8%。これから出る著書のオールヌードのカバー写真もすごい筋肉美!

CIMG7150.JPG


炭水化物が大事な理由とは

炭水化物に含まれる糖質は脳を動かす唯一のエネルギー。例えば1日に2000キロカロリーを摂取するならその20%(400キロカロリー)は脳のエネルギーとして使われているのです。おにぎりなら2個半。脳を動かすのに必要不可欠な糖質は、体内では4倍の水分と結合したグリコーゲンとして筋肉に貯蔵されています。だから筋肉は瑞々しいんですね。

炭水化物を抜くダイエットは、実は間違いが多い。このダイエットで痩せるのは脂肪ではなく、体内の水分が減っただけなんだそう。炭水化物抜きダイエットをすると脳を動かす糖質が不足するので、まず肝臓に貯蔵さ
れている糖質が使われます。でも、すぐに無くなってしまうため、次に筋肉に貯蔵しているグリコーゲンが水分と糖質に分解されて使われます。ここで残された水分が体外へ排泄される為、体重がするすると減っていくという仕組み。

炭水化物抜きダイエットを継続すると

体重は減るけれど、徐々に筋肉が痩せ細る為、相対的に脂質が増加。この為隠れ肥満になりやすいと考えられます。

実際に高炭水化物食と低炭水化物食を20年継続するとどのような差が生まれるか?という実験で『死のリスク』を比較すると

男性→低炭水化物食の方が1.5倍
女性→低炭水化物食の方が1.35倍

死のリスクが高いという結果が出ているのです。この結果から、低炭水化物食を継続すると隠れ肥満となりやすく、その結果ガンなどの生活習慣病にもかかりやすくなるということが推測されます。

自分でできる隠れ肥満度チェック

体脂肪率を計測しなくても、自分が隠れ肥満かどうか確認できる簡単な方法は、足首を見ること。隠れ肥満の場合、筋肉が少なく、更に足首周りの筋肉が重力の影響で下へ引っ張られるので、足首周囲が太く、象のような足首になる。足首が太くなってきたら内臓脂肪に注意が必要。

炭水化物の適量とは?

食べてよいと言われても、食べたら太ると思うし、適量がわかりづらい。森谷教授いわく、毎食の約60%程度は炭水化物にして大丈夫と太鼓判を押しています。

更に、同じカロリーで炭水化物の量が多い食事、少ない食事を食べて比較すると炭水化物が多い食事の方が食後エネルギー消費が高く、カラダがぽかぽかしてくることが実験で明らかになっています。炭水化物が少ないとエネルギーが消費されにくく、かえって太りやすくなる人もいる、ということになります。

おすすめの運動は?とはいえ少し運動もしないと、健康的ではありません。森谷教授おすすめの運動とはNEAT(NON EXERCISE ACTIVITY THERMOGENESIS)。何気ない日常活動という意味で、立つ、座るなどの動作を増やすこと。

人間のカロリー消費の内訳40%は日常活動で占められています。例えば座るより立つ方がカロリー商品は20%高く、歩くのは300%高いのです。ムダに思える動作を作ることでカロリー消費をあげるのが今からカンタンにできるのでおすすめだそう。例えば

◆ティッシュを離れた場所にとりにいく
◆1度で済まさず2度に分けて何かを持ってくる
◆テレビのリモコンは離れた場所にいつも置く

等など。わざわざ運動しなくても日常生活のムダな動きを増やすことでもっとカロリー消費を増やせばよい、という考え方です。

まとめ

◆炭水化物は毎食60%食べても大丈夫
◆脳を動かすエネルギーとして糖質は必須
◆炭水化物を抜くとカロリーが燃えないので痩せにくい
◆日常生活で動いて運動量を上げよう

【あわせて読まれてます】
糖質オフダイエットで便秘になる?
冷たい炭水化物ダイエットのレジスタントスターチとは?得する人損する人

posted by まきこ at 14:22 | ダイエット(食事)