日焼け止め&サングラスの正しい使い方!日比野佐和子解説とくダネ!7/23

日焼け止め正しい塗り方やサングラスの正しい選び方知ってますか?日比野佐和子医師がとくダネ!7月23日で教えてくれた紫外線対策でシミしわを徹底的に予防しましょう!




日焼け止めの正しい塗り方

街頭ウォッチングしていても、日焼け止めを刷り込んでいる人ばかり。実は日焼け止めを刷り込むのは間違い、肌に乗せてカバーしながら覆うような感じで。刷り込んでいる人が殆どだが、刷り込むとムラになりやすく、まんべんなく広がらないので効果が薄くなる。

日焼け止めを効果的な塗り方

@五百円玉程度の量を手のひらに出し
A額・両頬・鼻・顎の5ヶ所に分けて乗せる
B刷り込むのではなく、のせて広げて覆うように

CIMG7094.JPG

全体的に包み込まれたような塗り心地になればよい。顔だけでなく、腕や手の甲、足なども同様に乗せて広げて覆うように塗ると効果的です。

紫外線吸収剤不使用の楽天ランキング1位常連の日焼け止め

サングラスの正しい選び方

瞳孔からの紫外線で肌にシミが出来る可能性もあり、サングラスは紫外線予防に効果的。マウスを使った実験でも、紫外線を肌に当てたマウスと、目にだけ当てたマウスでは、皮膚にできるメラニン色素量が変わらず、目から入った紫外線もシミの原因となることが推測される。

でもサングラスのレンズの色は出来る限り薄い方がよい。暗い色であればある程瞳孔が士がいんせんを取り入れようと開いてしまい、目の網膜への影響が大きくなるから。紫外線カット率が同じならむしろ透明が一番目にはやさしい。まぶしさ軽減目的ならレンズは濃い色がおすすめ。

日傘の色は?

日傘を選ぶ際、白っぽい薄い色は紫外線を反射しやすく、その反射光が自分に当たることがある。色は裏も表も黒または濃い目の色がよい。更に日陰に入ると日傘を閉じてしまう人が多いが、日陰でも照り返しの紫外線が当たってくるので、さしておいた方が紫外線予防になるそうです。

楽天ランキング1位常連のひんやり涼しい日傘!コスパも◎!

洋服の色は?

一番紫外線をカットするのは。白は黒の半分くらいしか紫外線をカットしません。黒以外に、紫外線カット率が高いのは黄色(96%)→赤色(90%)→青色(85%)の順番。紫外線予防には色の紫外線カット率を意識するとよいでしょう。


まとめ
makiko-ok.gif
・日焼け止めは刷り込まないこと
・サングラスのレンズは薄色を選ぶ
・日傘は黒っぽい色、日陰でもさすこと
・洋服は黒、黄色、赤、青の順に選ぶ

【あわせて読まれています】
肌にやさしい日焼け止め!伊勢丹バイヤーが売れ筋商品紹介!PON!
日比野佐和子先生が若く見える秘密は17年間続けてる注射だった!
posted by まきこ at 16:22 | アンチエイジング