プレミール習慣と冷凍野菜で夏太り撃退!ノンストップ8/26

プレミール習慣って聞いたことあります?夏太りしてませんか?夏になると食欲が増大し太る人は意外に多いそうですが、夏太りを解消し、痩せやすい習慣といえばプレミール習慣。聞きなれない言葉ですが、ダイエットエキスパートの和田清香さんが実践しているプレミール習慣って何するんでしょうか?ノンストップの人生ドック8月26日で放送されました。




プレミール習慣は4つ

和田清香さんは著書も多いカリスマダイエッター。
WS000006.JPG
出典:和田清香公式ブログ

和田清香さんが実践しているプレミール習慣は誰でも今すぐできること。代表的な4習慣を番組が密着取材です。

@朝食前の乾布摩擦
血流が良くなり深部体温が上がる効果があるそう。朝行うと代謝が上がり、日中も代謝が高い状態でいられるのでダイエットや体調管理に効果的。ポイントは体の中心から末端に向かってこすること。和田さんはフツーの浴用タオル、みたいのでゴシゴシしてました。本も書いていらっしゃるんですね。

A食前の野菜ジュース
食事は野菜から食べるのがほぼ常識となりつつありますが、プレミール習慣では食前30分に野菜100%のジュースを飲むのがオススメ。食物繊維の多い食品を食前に採るとその後の食事の糖の吸収が穏やかになります。ただし、果汁入りの野菜ジュースは糖分が高く吸収されやすいので野菜100%がベスト。ちなみにこのカゴメの野菜ジュース糖質オフは、糖質制限提唱で有名なドクター江部も自身のブログで「このジュースはオッケー」と太鼓判押してました!

B食前に入浴冷房で冷えた体は代謝が低くそのまま食事を食べると脂肪も分解されにくい為、体温を上げて代謝も上げるのがプレミール習慣。40℃以下のお風呂に15分浸かって、入浴後20分以内に夕食をとり始めること。

Cテレビとスマホは食事中NG食前にテレビを消して、スマホは音が聞こえない場所へおきます。テレビを観ながら、スマホを見ながら食べる「ながら食べ」は自分がどれだけ食べてるか判らなくなって、よく噛まなかったり、早食い、ドカ食いになりがち。食事は目で見てよく噛んでゆっくり食べることで量も減らせて消化も良くなりダイエット効果も上がります。

まだある!プレミール習慣

和田清香さんのプレミール習慣に加え、スタジオの東京有明医療大学 川島朗教授は以下2つのプレミール習慣を教えてくれました。

@食前に豆乳を飲む大豆サポニンが脂肪の吸収を抑制してくれるのでオススメです
A肩甲骨のストレッチ
CIMG7502.JPG
肩甲骨の周囲には脂肪を燃焼しやすくする褐色脂肪細胞が多い。ここを刺激するとダイエットにも効果的。やり方はカンタン。両手は軽く握りこぶしにして、ランニングの時のように大きく腕を振ります。これを15往復程度続けます。真面目にやると結構な運動で上半身が温まる感じ。以前腕振りダイエットってありましたしね。

炭水化物の一品食べはNG

せっかくのプレミール習慣も、炭水化物の一品食べを続ければ効果は薄い。糖質過多とビタミンやミネラル等の栄養素不足に陥りがち。夏はそうめんだけ、という炭水化物一品食が増えますが、ここに冷凍野菜を加えるのがオススメだそう。

紹介してくれるのは料理研究科の島本美由紀さん。生で冷凍するだけの野菜をカンタン調理で栄養をプラスできるそう。食品には冷凍すると旨みや栄養素がアップするものがあります。

@しいたけ
代謝アップを促す「グアニル酸」が冷凍すると3倍になります。
軸をとって冷凍しておきます。そのままカットできるので切っていためます。水分がすぐ出るので油不要なのもヘルシー。

Aトマト
代謝アップが来たいできる「グルタミン酸」が冷凍すると1.5倍になります。しかも十字に切り込みを入れて水にさらすと皮がカンタンにむけるので、カットしてつゆに入れれば氷代わりに。

Bしじみ
脂肪燃焼効果が期待できるオルにチンが8倍に!酒蒸しなら冷凍のまま調理可能。

どれも常備しておけるし、カンタンに栄養バランスが整うので、冷凍野菜や冷凍しじみも上手に活用していきたいですね。島本美由紀さんの野菜冷凍の本、参考になりそうです。


【あわせて読まれています】
砂糖ゼロなのに美味しいロースイーツって何?林先生の初耳学!8/23
【体験談】イサゴールで痩せた!1ヶ月で自然にマイナス2kgの理由

posted by まきこ at 13:13 | ダイエット(運動)