腸活オリーブオイルを飲むタイミングは?

便秘外来で有名な小林弘幸教授がすすめるオリーブオイルの腸活はどのタイミングで飲めばよいのでしょうか?春香クリスティーンと伊藤かずえの信じられない頑固な便秘を改善させた方法の一つでもあるオリーブオイル。飲むのはいいけどカロリーも高いし、しっかり便秘に効くタイミングとは?ナチュラルな下剤、オリーブオイルを飲むタイミングについてまとめました。



腸活オリーブオイルのポイントは3つ

金スマで紹介されたオリーブオイル大さじ2杯を飲む腸活方法ですが、実は飲むタイミングをはじめ、大事なポイントが3つあります。

@空腹時に飲む
A大さじ1〜2杯を一気に飲む
B脂肪酸豊富なオイルをとる

一つずつ説明していきましょう。

オリーブオイルは空腹時に飲むのがポイント

空腹時にオリーブオイルを一気に飲むと、胆汁酸の分泌が間に合わないので消化吸収しきれない分が大腸に直接届きます。大腸に届いたオリーブオイルが便を滑りやすく、まとまりやすく、やわらかくし、天然の下剤のような役割を果たしてくれるのです。

ではなぜ空腹時なのでしょうか?
食事と一緒にとると消化吸収が穏やかになり、せっかくとったオイルが小腸で吸収されてしまい、大腸へ届く量が少なくなってしまうから。できるだけ空腹時にそのまま飲むことが推奨されるわけです。

とはいえ、オリーブオイルをそのまま飲むのはニオイやのど越しにちょっと抵抗がある、という人もいるでしょう。その場合温かい飲み物に加えて飲んでもよいようです。
ただし、オイルの通過を邪魔しないさらりとした、具の入っていない飲み物がオススメです。また、そのまま飲む時同様、一気に飲むのも大事。

おすすめは白湯、紅茶、具無し味噌汁、ココアなど。特にココアは食物繊維が豊富なので、便秘改善のカリスマ、松生恒夫医師も推奨していることで有名です。

大さじ2杯も飲む理由

それにしても大さじ2杯のオイルって結構多いですし、カロリーも気になります。ちなみに、オリーブオイル大さじ1杯で120キロカロリーもあるのです。大さじ2杯なら240キロカロリー(驚)ちょっと不安かも。

大さじ2杯とる理由は(厳密には1杯でもいいというドクターもいますので、体調に合わせて調節してよいのでは?)前述したように、胆汁酸の分泌が間に合わないからこそ、小腸で吸収されず、大腸へ届くから。逆に量が少ないと大腸へ届く量が少なすぎて意味がなくなるというわけです。

オリーブオイルに含まれるオレイン酸は酸化しにくく、悪玉コレステロールを減らし、動脈硬化予防も期待できます。体にいいオイルとして有名ですが、空腹時に飲むことで食欲を抑制し、実ばダイエット効果も期待できるという「オリーブオイルダイエット」という方法がある程。

松生ドクターのオリーブオイルダイエットの本が出ています。便秘解消だけでなく、タイミングよく飲むだけで、実は本当にダイエットができる、という画期的な方法。オイルって太りそう、という概念を覆す、便秘解消のカリスマが教えるダイエットは説得力がありました。

便秘が解消すれば、代謝があがり、消化吸収も良くなり、結果的に痩せるというのは春香クリスティーンや伊藤かずえ、松本明子を見ても実感します。恐れずにチャレンジしてみたいですね。

オリーブオイル以外でもOK?

金スマではオリーブオイルを小林弘幸教授が推奨していましたが、便秘解消の意味ではオイルなら何でもよいようです。ただし、体に吸収される分があることを考えれば、できるだけ体にいいとされる、脂肪酸が豊富なオイルがおすすめです。

オリーブオイルやアボカドオイル 
酸化しにくく、オレイン酸を多く含む

亜麻仁オイル、胡桃オイル、エゴマオイル
Ω-3(オメガ3)系脂肪酸を多く含む

ココナツオイル 
脂肪になりにくい中鎖脂肪酸を多く含む

実は空腹時に飲むことで食欲も抑制され、結果的にダイエット効果も期待できるそうです。更に美肌効果も!まずは便秘解消に頑張ります!


【あわせて読まれています】
伊藤かずえ&春香クリスティン便秘解消!小林教授の腸活!金スマ9/4
【体験談】イサゴールで私は便秘解消効果を実感!数年ぶりの感動体験!
posted by まきこ at 11:17 | 便秘解消(食べ物)