コールドプレスジュースって何?高価格でも健康志向9/9Nスタ

コールドプレスジュースが新しいジュースとして注目を集めており市場も拡大中です。コールドプレスジュースってどんなジュース?どこで飲めるの?9月9日のニュース、Nスタで取り上げられました。スムージー好き女性必見です。





コールドプレスジュースとは?

8月に六本木にオープンしたサンシャインジュース六本木を取材します。

WS000013.JPG
出典:サンシャインジュース公式サイト

コールドプレスジュースとはコールドプレス製法で作ったジュースのこと。一般的なジューサーはスクリューを高速で回転させ材料をすり潰すが、コールドプレス専用ジューサーでは5トンの圧力で野菜や果物を押しつぶして搾ります。この為スクリューの回転で発生する熱が加わらず栄養素が失われにくいのです。
コールド(非加熱に近い)とプレス(圧力をかける)で作るジュース、という意味なんですね。

家庭用のジューサーやミキサーはかなりの回転で熱が発生しているので、ビタミンやミネラル等の栄養が壊れてしまっていると言われます。

お値段は高い

1本のコールドプレスジュースを作るのに野菜と果物だけで1.5キロ必要だそう。

CIMG7629.JPG

素材の持つ水分だけで作る為、ある程度の量がないとコップ1杯にならないってことなんですね。それゆえ、お値段は1杯1000円と野菜ジュースにしては高価格ですが、それでもファンが増えており、このサンシャインジュースは1年半で4店舗に拡大してきています。

お客さんにインタビューしてみると(いずれも男性!)

「体を労わっている安心感がある」
「野菜が足りない飲み会の前に飲む」
「健康のバランスには気を遣っているので」

と高くても納得の商品であるとの意見。近年の健康志向は20代、30代の男性にも浸透してきてるんですね。驚きです。

市販のコールドプレスジュース

大手食品メーカーのカゴメからコールドプレスジュースが発売されます。生鮮飲料、という新しいジャンルのジュースだそうで、

KAGOME GREENS 低温あらごし製法

コールドプレス人気やスムージーを家庭で作る人が増えたことに注目し、できるだけ生に近いものを食べられることを考えたそうです。実は野菜飲料は2007年をピークに市場は頭打ちとなっており、新商品開発に力を注いだ様子。鮮度にこだわり素材を低温で加工することで搾りたてに近い味わいと実現。

ちなみに賞味期限が2週間という、ジュース系飲料としてはかなり短めです。お値段は200円くらいだそうで、1度飲んでみたいかも。

現在期間限定のポップアップストアを東京の表参道で開店中です!


家庭用スロージューサーも人気です

専門店に近い味を家庭で楽しみたい、どうせ作るなら栄養素を壊さないジュースがいいという声も多くなり、実際にヒューロムのスロージューサーが高額でも人気を集めていたことから、家電メーカーも新しいジューサーが投入。

コールドプレスを意識して、作る時に熱が加わりにくい仕組みになっており、1台約30000円前後もしますが、売れ行きは好調だそうです。(ちなみに楽天で調べるとシャープとパナソニックはかなりのお値引でどちらも約20000円!)と

★シャープ ヘルシオ ジュースプレッソ


★パナソニックのビタミンサーバー

★ヒューロムはスロージューサーブームの火付け役

個人的に、材料を揃えて毎日ジュースを作って、ジューサーを洗う、という手間を続ける自信が無いのですが・・・義妹が朝食をりんごとニンジンのジュース(普通のジューサーで作ってるみたいだけど)だけにしたら、2ヶ月で6s痩せたので、ちょっとやってみようかなって思い始めています。

【合わせて読まれています】
滝沢眞規子のスムージーレシピ【最新版】
【体験談】イサゴールで痩せた!1ヶ月で自然にマイナス2kgの理由

posted by まきこ at 14:17 | アンチエイジング