日比野佐和子医師の0円美肌方法は首冷やし!サタデープラス

サタデープラス、日本国民が格付け 名医の健康法ベスト5に選ばれた、アンチエイジングの権威、日比野佐和子先生の毎日の習慣。46歳には絶対見えない美肌と若々しさ、何をしているのか本当に知りたいですね。




街の女性も「絶対やる」「超簡単」と興味津々だった、日比野佐和子ドクターの美肌アンチエイジングが第2位。

日比野ドクターが毎日食べるものとは?

アンチエイジングですっかりおなじみ、Rサイエンスクリニック広尾院長の日比野佐和子先生。46歳にはとても見えない、スッピン美肌を疲労した自宅ロケ。そんな日比野先生の習慣などはコチラの記事でもご紹介済みですが、今回教えてくれたのは

卵の白身だけで作るホワイトオムレツとトマトが毎朝の朝食
白身のたんぱく質が美肌作りにとっても良いんだそうですが、このスッピンを見せられると相当の説得力アリ

40℃のホットヨーグルト
冷たいヨーグルトは乳酸菌が冬眠状態なので、40度程度に温めると菌が活性化するそうです。どうせ食べる、飲むなら電子レンジでチンしてみましょう。ただし温めすぎると菌が死にますので、気をつけましょう。

肌が20歳若返る冷凍ペットボトルで首冷し

今回のサタデープラスで多くの支持を得たのが、冷凍ペットボトルで首を冷して美肌作り、というもの。褐色脂肪細胞を刺激して新陳代謝を上げるのが狙いだとか。

褐色脂肪細胞は皮膚や内臓の新陳代謝を促進する働きをする細胞で、首から鎖骨にかけて多く存在しています。ところが何もせず放置しているとあまり働かない細胞。急激な温度低下がより効果的で、特に30℃くらいの温度差で活性化します。

CIMG7720.JPG

そこで入浴で温まり、お風呂から上がったら、冷凍しておいたペットボトルを使って首を冷します。

ペットボトルで首冷やしのやり方は

@水を入れたペットボトルを凍らせておく
A鎖骨あたりから顔の下迄を下から上へ一往復、首の周囲を一周行う。
B冷やし過ぎると血行不良になりかえって老化を促進するのでやりすぎに注意。

日比野先生は毎日やってるそうですし、シミもシワもない顔を見れば、間違いなく効果がありそう・・・に思えます。自宅で0円でできますから、是非やってみたいですね。

目じりのシワ解消術

目じりのシワを解消する顔のストレッチも教えてくれました。
おでこにシワを寄せないように、おでこを指で抑えながら、まぶたを見開き、閉じる、を繰り返します。これで目の周囲の筋肉が鍛えられて、シワ解消につながるそうです。1日30回くらいが目安。

日比野佐和子先生は眼科医でもありますし、老眼回復の著書もあるくらいですから、こちらのストレッチも説得力がありますね。

【あわせて読まれています】
名医5人の健康法!日比野佐和子、木下博勝サタデープラス
老眼回復の眼トレ!シューイチ中山秀征が日比野佐和子先生を突撃!

posted by まきこ at 20:36 | アンチエイジング