8時間ダイエットの方法と効果!はまやねんが挑戦!

8時間ダイエットとはアメリカ国立衛生研究所での研究データを元に編み出され、10万人が実践したダイエット方法。今回はこの1年で激太りした8.6秒バズーカのはまやねんが挑戦。3週間で7sのダイエットに成功できるのでしょうか?ネプ&イモトの世界番付で放映されました。





8時間ダイエットとは

8時間ダイエットとは1日のうち8時間は何を食べてもよいが、それ以外の16時間は何も食べない というダイエット方法。
例えば午前10時に朝食を採ったら、夕食を食べ終わる時間は18時(午後6時)。ここから翌日の午前10時の間は水以外食べちゃダメ、というもの。

ルールは以上、これだけ?って感じですが、普通の社会人であれば8時間以内に3回食べるのはなかなか難しいことだと思います。

8.6秒バズーカ はまやねんの挑戦

この1年で激太りしたはまやねんは身長171p、体重91.9s、ウエスト109pのメタボ体型。今後生活習慣病の危険もありとのことで、8時間ダイエットに挑戦することに。目標は3週間でマイナス7s、85sを目指します。
CIMG7862.JPG

その@ 食べる時間を制限

肥満の原因は食べている時間の長さにあるという真実。例えば午前9時朝食、午後1時昼食、午後10時夕食の場合、何も食べていない時間帯は11時間しかない。8時間ダイエットでは食べる時間を8時間に制限することで、脂肪を燃やす時間を16時間とし、燃焼効果を高くする考え方。ちなみに8時間の時間制限をしっかり守れば、カロリーは気にせず食べてよし!
はまやねん、も「ラーメン、炒飯、餃子」とか、超ハイカロリー食をたっぷり食べてましたねが、1週間も経過すると、胃が小さくなるのか、段々食べられる量が減っていきます。

そのA 毎日同じ時間に食べる

8時間ダイエットでは食事は8時間以内に終えるだけでなく、なるべく毎日同じ時間に食べることが必要です。はまやねんは午前10時スタートで午後6時終了を継続しました。食生活のリズムを整えた方が体内の脂肪を効率的に燃焼させられます。

そのB 夜の水分補給

空腹時の水分補給は脂肪燃焼の手助けになります。お腹がすいたら水やブラックコーヒー等を飲んで乗り越えましょう。

そのC 運動

やはり適度な運動は必要です。空腹のピークである午前中の運動がより効果的。空腹時の運動は体に蓄積している脂肪をエネルギーとして代用し、余分な脂肪が効率的に燃焼されます。
はまやねんも午前中を中心に、踏み台昇降やウォーキング等に取り組みました。

8時間ダイエット はまやねんの結果

3週間後の計測では
体重91.9s→84.6s マイナス7.3s
ウエスト 109p→100p マイナス9p

食事制限は一切なし、食べる時間帯を8時間に制限し、軽い運動を取り入れただけでこれだけ痩せるのはひとまず成功と言えそう。
(元が太ってるので効果が出やすいとはいえますが・・・)

印象的なのは8時間ダイエットを継続すると、食べれる量が自然に減っていくということです。あんなにドカ食いしてたのに、サラダでお腹いっぱいなんて・・・

ネックは時間帯の設定でしょうか。朝食を7時に食べたら午後3時には夕食を食べ終えなければならない、という非現実性。朝食を抜いてランチからスタートするしかないかもしれません。そこがちょっと難しいですが、ランチからスタートで生き抜ける人は、8時間ダイエットにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

【合わせて読まれています】
斉藤こず恵が1週間で4キロ減量のチアシードダイエット
ゆいPの食べるだけダイエット!1週間で何キロ?ウワサの食卓
posted by まきこ at 21:33 | ダイエット(食事)