AGE糖化ストレスで血管こげつき老化を防げ!サタデープラス

体のこげつきが老化と深い関係があることが判っています。体がこげるとはどういう意味?そして誰でもこげているがその度合いで見た目年齢にもかなり差が出ることも判っています。サタデープラスでは血管のこげつき、その予防方法について特集しました。ゲストは梅宮アンナ、43歳です。




AGE 糖化ストレス年齢

体がこげつくとはどういう意味でしょうか?
甘いものなどを食べると体の中のたんぱく質と体温で反応してAGEを作ります。
AGEとは「終末糖化産物」、たんぱく質と糖が加熱されてできた物質のこと。このAGEが増えることを「こげつき」「糖化ストレス」と称します。AGEが増え、糖化ストレスが高まると、シミやしわになりやすく、高血圧、糖尿病、アルツハイマー病になりやすくなる、とされています。

渋谷セントラルクリニック 河村優子院長 が解説します。ここでスタジオメンバーの糖化ストレス年齢を計測してみました。

CIMG7866.JPG

丸山隆平(31歳)  → 糖化ストレス年齢 34歳(+3歳
小島瑠璃子(21歳) → 糖化ストレス年齢 18歳(−3歳
小堺一機(59歳)  → 糖化ストレス年齢 69歳(+10歳
森永卓郎(58歳)  → 糖化ストレス年齢 85歳(+27歳

森永卓郎の異常さが際立ちますね。更に

梅宮アンナ(43歳) → 糖化ストレス年齢 20歳(−23歳

なんと、−23歳は脅威の若さ!タバコもお酒も止めて健康には気を遣っているようです。また河村院長は実年齢40歳で、糖化ストレス年齢が29歳、−11歳で若々しいです。ところが河村優子院長は、半年程前迄は糖化ストレス年齢が70歳だったんだとか。半年で70歳→29歳、41歳も若返った方法を教えてもらいました。

やっぱり運動

河村院長は毎朝、診察前に30分の有産運動と筋トレをしているそう。これは食前3時間迄の運動には老化物質が作られるのを防ぐ効果があるから
つまり、食後ではなく食前に運動すると、こげつきにくいということ。毎日の習慣にするには厳しい時間帯ですが、夕食前に歩いて帰るとか、自分なりにできる運動習慣を積み重ねたいものです。

食べ物に含まれるAGEに注意

老化物質AGEは食べ物にも含まれています。
特に高温で長時間加熱されるほど、AGEの量は増加します。
久留米大学医学部 山岸晶一教授によれば、1日にとっても問題ないAGE摂取量の基準値は15000exAGE。具体的な料理で数値を比較してみると

軽く炙った鰹のたたき  851exAGE
さんまの塩焼き     6032exAGE
ステーキ       26843exAGE
しゃぶしゃぶ肉     3962exAGE
トースト        2447exAGE
白米           16exAGE

加熱時間が長く、見た目にも「焦げてる」ものほど、老化物質AGEの量が多いのが一目瞭然です。短時間、低温度で調理されたものをなるべく食べるようにすると、AGEが体内で作られる量を減らすことができます。

さて、ここからは血管老化を防ぐ調味料、酢についての特集でした。

酢の老化防止パワー

東京農業大学応用生物科学部 醸造科学科教授 小泉幸道博士(お酢の研究一筋42年)によればお酢の血管老化を防ぐ効果は十分で、毎日大さじ1杯摂り続けることが大事だそう。酢に含まれる酢酸に老化防止効果があり、どんな種類のお酢でも大体4〜5%の酢酸が含まれている為、何を選んでも大丈夫。

@血圧を下げる
血圧を上昇させるホルモンの調節機構を抑制する効果あり。岡山大学医学部などの実験では毎日大さじ1杯のお酢を2ヶ月半摂取したところ、血圧が平均6.5%下がったという結果が得られています。

A脂肪を燃焼させる脂肪を燃焼させる遺伝子を活性化することで、内臓脂肪を減少させる効果があります。平均年齢44歳の男女175人が毎日大さじ1杯のお酢を3ヶ月摂り続けたところ、内臓脂肪と皮下脂肪がそれぞれ5%減少したという結果が得られています。
更にコレステロール値、中性脂肪値を下げる効果、動脈硬化予防効果もあることがわかっています。

生活習慣病が気になる中高年なら、お酢を大さじ1杯、毎日摂るべきですね。とはいえ、酸味が苦手な人も多いでしょうし、直接飲むと胃が荒れそう。そこでお酢のメーカー、潟~ツカンにお酢レシピを教えてもらいました。

フルーツ酢のすすめ

手軽にドリンクとして楽しめるフルーツ酢の作り方を教えてもらいました。

材料
・穀物酢 200ml
・ハチミツ 200g
・好きなフルーツ 100g
(キウイ、バナナ、ブルーベリー、いちご、オレンジ、りんご、マンゴー、パインなど)
お酢2:ハチミツ2:フルーツ1の割合にします

@お酢とハチミツを保存ビンに入れてよく混ぜる
Aカットしたフルーツを入れる
 りんごなら1p幅イチョウ切り程度で。ブルーベリーやいちごはそのまま。
B冷蔵庫で1週間保存、毎日1回よく振ること
Cフルーツは取り除き冷蔵庫で保管。1年程度飲めます。

※フルーツはヨーグルトのトッピングに!
※5倍程度に薄めて飲みます。
※りんご酢+炭酸水
※いちご酢+牛乳
※バナナ酢+豆乳
等など。

梅宮アンナが絶賛していたのは、バナナ酢
材料は黒酢、黒糖、バナナ。豆乳割りがかなりいけるようです。お子さんでも男性でも飲めそうです。

詳しくはミツカンのレシピ本でも♪

お酢レシピ本は沢山出ていますが私が持ってるのはコレ。お酢を使った簡単料理が多く、我が家の定番になってるものもいくつかあります。滝沢眞規子さんがブログで紹介していた本でもあります。


makiko-koreda.gif
トーストや揚げ物が好きな私は糖化度も高そうで不安です。とりあえずすぐ出来ることとして、毎日のトマトジュースにお酢を大さじ1杯入れて飲むことにします。ずぼらな私にはこれでも精一杯かも…

【合わせて読まれています】
南雲吉則オススメ 10歳若返るエゴマ油の活用法!バイキング
8時間ダイエットの方法と効果!はまやねんが挑戦!

posted by まきこ at 20:05 | アンチエイジング