タキマキ弁当ってそんなにすごい?

滝沢眞規子がコフレドールのキャンペーンモデルに抜擢されたので六本木でトークショーを開催。朝から大勢の、アラサー、アラフォー女性が詰めかけてましたね。コマーシャルでは美しいママ、というスタンスで登場、子供に負けないビューティーオーラでしたが・・・








実際に取材のVTRで見るタキマキは、うーん、色黒ですね。

CIMG8951.jpg

なんか、誌面で見る顔色とずいぶん違うな〜という印象。現場で見かけた、ファンではない人の感想として「色が黒い」というのを見かけますが、正にそんな感じ。そもそも地黒で、美白にもそんなに力を入れてないんでしょうね。インスタやブログで公開されている私生活では、夏や年末年始の旅行は沖縄、ハワイ等の海が多く、水着で過ごしてる様子がアップされてます。モデルとは思えない様子ですが・・・写真は完全にお直しで
きるけれど、動いてる姿はそうもいかないので・・・毛穴もかなり目立つ感じで、肌をもっとキレイにしてはどうだろうと、余計なお世話な感想です。

さて、ノンストップでは、滝沢眞規子のモデルとしての活躍ではなく、お弁当に着目しています。主にインスタにアップされてる写真でしたが、運動会バージョンと、夏の塾弁当(納豆巻き)バージョン。わっぱを使ったり、旗を立てたり、見た目にまあまあ美しいお弁当。とはいえ、おかず等はきわめて一般的な物が多く、見せ方がだいぶ上達してきたなという感じです。最初の頃は全然普通でしたから。

なんといっても、ハイブランドを普通に買って着れるご主人の財力をもってすれば、欲しい食材も食器も、たかが弁当箱も、なんでもばんばん買い揃え、見栄えのよい状態にできるのが滝沢眞規子が憧れられる理由の一つ。渋谷区富ヶ谷の大豪邸、素人には真似できないインテリア、繰り返されるリノベーション(お金かかりますからね)、花屋が自宅に活けにくるフラワーアレンジの数々、ジェットバス、暖炉、ポルシェ等数台が入れるガレージ、といった、ありえない暮らしぶり。なのに家庭的で、結婚記念日には「有り難う」とメッセージカードを書いてくれるご主人。理想の家庭ですから。

そんなタキマキが作るからこそ、憧れのお弁当。小籔 千豊こやぶかずとよがうちの嫁とは違うけど、嫁だって「旦那が違う」と言われそう、というのは正にその通り。

私は個人的に滝沢眞規子の顔立ちが好きなんです。ミランダカーや山口智子、といったタヌキ系の顔で可愛くて憧れます。加えて、高収入過ぎる夫、可愛い3人の子供、何一つ不自由無い暮らし、一般人であれば相当イケてる顔とスタイル、まだ37歳なのに全部持ってる、ってところが日本全国の主婦のハートをつかんでるんだと思います。タキマキ旋風はまだ続くと思います。

【合わせて読まれています】
滝沢眞規子の美容方法はながらエクサ横手貞一朗ジム!
滝沢眞規子のスムージーレシピ【最新版】
posted by まきこ at 13:29 | 女優・モデル